汎用的なコードで接続型データベースアクセス(DML)

汎用的なコードで、接続型データベースアクセス(DML-追加,更新,削除)を行うにはDbCommand#ExecuteNonQuery()メソッドを使用します。 戻り値には、実行したクエリで影響を受けた行数が返ってきます。




using System.Configuration;
using System.Data.Common;
...

ConnectionStringSettings setting = System.Configuration.ConfigurationManager.ConnectionStrings["OracleTest"];
DbProviderFactory factory = DbProviderFactories.GetFactory(setting.ProviderName);

using (DbConnection con = factory.CreateConnection())
{
  con.ConnectionString = setting.ConnectionString;
  con.Open();

  try
  {
    // Commandオブジェクト生成
    using (DbCommand cmd = con.CreateCommand())
    {
      cmd.CommandText = "insert into test(column1,column2) values('103','test')";

      // クエリの実行
      int rows = cmd.ExecuteNonQuery();
    }
  }
  finally
  {
    if (con != null)
    {
      con.Close();
    }
  }
}

例文は、Insert文ですが、Update文、Delete文の場合も同様です。

  (※).NET Framework version 2.0新機能

 ・関連記事
 汎用的なコードで接続型データベースアクセス(データ検索)
 汎用的なコードでデータベースアクセス

0 件のコメント :

コメントを投稿