汎用的なコードでデータベースアクセス

ADO.NET 2.0では、以下のような汎用的な基本クラスが用意されています。 これらを使ってコーディングすることでデータベースにかかわらず汎用的にコーディングすることができます。




DbConnection,DbCommand,DbDataReader,DbTransaction,DbParameter,DbDataAdapter

using System.Configuration;
using System.Data.Common;
...

ConnectionStringSettings setting = System.Configuration.ConfigurationManager.ConnectionStrings["OracleTest"];
// プロバイダ名からFactoryクラスを取得
DbProviderFactory factory = DbProviderFactories.GetFactory(setting.ProviderName);

// Factoryクラスからコネクションを生成
using (DbConnection con = factory.CreateConnection())
{
  // 接続文字列を指定
  con.ConnectionString = setting.ConnectionString;
  con.Open();

  try
  {
    // アクセス処理
  }
  finally
  {
    if (con != null)
    {
      con.Close();
    }
  }
}

(※).NET Framework version 2.0新機能

・関連記事
  構成ファイルにDB接続文字列を設定/読取
  汎用的なコードで接続型データベースアクセス(データ検索)

0 件のコメント :

コメントを投稿